2012年11月17日

スマートフォンの利用料金のこと

 スマートフォンの利用料金をなるべく安く上げることを考えてみました。
 利用形態を考えると、次のように想定しました。
 まず、通話とデータ通信の両方を使う。これが基本です。ただし、データ通信はメールと各種SNSを巡回するぐらいで、たまに、調べごとのために検索サービスを利用する程度にする。動画や大きなファイルのダウンロードには利用しない。そういうことは、自宅で行う。
 そうすると、まず、キャリアの回線をそのまま使うことは、現実的ではないので外します。
 では何を使うかですが、通話にはIP-電話サービスを使います。具体的には、フュージョン・コミュニケーション株式会社のスマートフォン用サービスであるFUSION IP-Phone SMARTを利用します。ここは、050の電話番号を発行してくれて、月額基本料が0円で、通話料金が8.4円/30秒です。たとえば、1か月に30分通話するとして504円になります。60分だと1000円ですね。
 このIP-電話サービスは、通話回線ではなくてデータ回線を利用しますので、次に、安いデータ回線を探します。これも、キャリアの回線をそのまま使うことは、現実的ではないので外します。
 では、どの回線を使うかですが、これは、もう、ドコモのFOMAネットワークを利用するMVNO業者のデータ回線しかないでしょう。それも、IP-電話を利用できるところを探します。
 すると、DTI ServersMan SIM 3G 100 がよさそうです。このDTIのサービスは、通信速度が100kbpsながらIP-電話に使えるらしくて、初期費用3,150円で月額料金490円(ユニバーサル料別途必要)と格安です。
 ということで、フュージョンとDTIとの組み合わせで使うと、2000円かからないことになります。
 そして、IP-電話アプリとしては、エイジフォンを使おうと思っています。
 ただ、こまるのは、上の組み合わせだとSMSを使う方法が今のところ見つからないことです。うちのばーちゃんが、ドコモのキャリアメールを使ってメールを送ってくるので、SMSが使えないと、少し面倒なことになりそう。
 そうすると、b-mobileのスマホ電話SIMかなぁ。これだと、月額3000円ぐらいに何とか収まるので、こっちでもいいかも。このスマホ電話SIMだとSMSもちゃんと使えるし、今使っている携帯電話番号をそのまま使ってMNPできるし。
 まぁ、いずれにせよ、ドコモのSIMを使える端末を用意しないといけないので、iPhone4Sとはお別れですね。まぁ、下駄をはかせてSIMフリーにするという手もあるようですが。

 ところで、調べているうちにドコモのFOMAネットワークを利用するMVNO業者の比較が掲載されているHPを見つけました。これを見ると、色々な業者が、特色を出したプランを提供しているんですね。

 とにかく、スマートフォンの利用料金が高すぎて、どうにかしようと考えている人が大勢いるっていうことですよねぇ。
posted by かずくん at 23:02| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。