2012年03月09日

無印良品のマキネッタ

無印良品のマキネッタ、つまり、「アルミエスプレッソメーカー 3カップ用」が、今日、入荷したようで、早速、購入してきました。お店から、午前中に連絡がなかったので、午後になってこちらから入荷の有無を問い合わせ、入荷されていることを確認して、取りに行きました。しっかりして欲しいな。(^^;)

シンプルな外箱から、本体を取り出して、底やハンドルに何か刻印がないかと探しましたが、ペゼッテイのOEMであることを確認できるものは何もなく、まぁ、こういうもんかと思いました。箱から出した本体を、全部綺麗に洗いました。

気になっていたパッキンは、素材がシリコーンだそうです。サイズは、実測で内径51mm外径66mmでした。ビアレッティのモカ・エキスプレス3カップ用のパッキンのサイズは、内径48mm外径65mmということなので、使える範囲だと思います。

さて、コーヒー粉は、バケットに15gほど入りました。これは、MMCの円熟という銘柄の中挽きコーヒー粉で試しました。細挽きでもあまり変わらないと思います。極細挽きだとどうでしょうか。もう少し入るかな。

自宅のガス台は、リンナイのKG-S2000Cという型番の、2口ガスコンロのみのもので、五徳の大きさは、マキネッタがギリギリ乗っかる程度のものでしたので、安全のために金網に乗っけることにしました。

1回目の抽出では、とろ火で6分ほど加熱したところ、「プシュプシュ」という抽出終わりを告げる音がしてきましたので、火を止めて、コーヒーをカップに注いでみると、香りがいまいちで、味もいまいちな、何となく刺激のあるコーヒーが出来ました。この1回目のコーヒーは、出すだけで、飲みませんでした。
続けて2回目の抽出をしたところ、今度の加熱時間は5分45秒程度で、できあがったコーヒーは、1回目よりも香りが良くて、コーヒーらしいコーヒーでした。味はとても濃いのですが、思ったより苦みが少なくて、中々おいしいコーヒーが出来ました。


ということで、念願のマキネッタでコーヒーを淹れることが出来ます。楽しいですね。色々なコーヒーを淹れて、楽しみたいです。

でも、多分、ネスプレッソは忘れられないんでしょうねぇ。どうしようかな。
ラベル:マキネッタ
posted by かずくん at 21:07| Comment(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする