2011年09月22日

悩みがつきない

次のスマートフォンをどれにするか、悩んでいます。
候補は、BBB9780のプラスエリア対応機、BBB9780のプラスエリア非対応機、BBC9300のプラスエリア対応機、BBB9900のプラスエリア対応機、BBB9900のプラスエリア非対応機。
プラスエリアに対応しているか否かで、通信できる地域が変わってきます。田舎暮らしにはプラスエリア対応じゃないと駄目ということだし、都市部ではプラスエリア非対応でも十分に使えるらしいし、都市部でも地下とか建物の陰だとプラスエリア対応じゃないと通信できないことがあるらしい。
一方で、プラスエリア対応機で一番安価なのはBBC9300、次がBBB9780、一番高いのがBBB9900。値段のみで考えると、ヤフオクで中古を見たところ、BBB9780非対応機とBBC9300が同じぐらいの値段で、2万円を切ってます。BBB9900は非対応機でも3万円以上するので、とりあえず候補から外すことにして、BBB9780にするかBBC9300にするか。

大体にして、ガラケーが軒並み二つ折りかスライド式になってしまって、ストレート型の端末はスマートフォン以外に選択肢がないことが、スマートフォンを選んだそもそもの理由なので、基本的には、軽くて小さくてストレート型のスマートフォンを選択したい。
さらに、せっかく使うんだったら、メールやtwitterなどの投稿の際に文字入力が楽なQWERTYキーボード付きの端末が良い。ただ、スライド式キーボードの機種は、ストレート型とは言えないのでちょっと使いにくい。これは、実際にL-04Cを使ってみての感想です。

とすると、キーボード付きのBBのどれかを選ぶということになります。BBB9780,BBC9300をNTTドコモで契約すると、月々割を適用してもらえるのは、パケットホーダイ・ダブル2かパケットホーダイ・フラットのどちらかで、基本料金が少なくとも2100〜5500円かかる。一方、パケットホーダイ・シンプルだと基本料金が390円ぐらい。ぼくは自宅で使う時間が長いので、Wi-Fi運用で済ませることができれば、基本料金の差が1700〜5000円ぐらいで、月々割を使わなくても、こちらの方が料金を安くできる。
とすると、端末をヤフーオークションで落札しても、落札料金を十分にまかなえるのではないかと思ったのですが、Wi-Fi運用がどの程度まで可能なのかが問題で、パケット通信量が20MB以上になると、6000円ぐらいになっちゃうので、基本料金の差を生かせない。

ということで、ヤフーオークションで安い端末を落札するか、NTTドコモで普通に契約するかで悩んでいて、最初に戻るわけです。
でも、一番軽くて小さいストレート型と考えると、BBC9300なんですねぇ。
続きを読む
タグ:BBB9780 BBC9300
posted by かずくん at 11:12| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする