2011年09月04日

L-04Cのroot化作業

Gingerbreakを使ってL-04Cをroot化する手順は、次の通りです。
作業は、PCを使います。
事前に、L-04Cのデバイスドライバをインストールしておき、PCからL-04Cを操作できるようにしておきます。L-04Cのデバイスドライバのインストールについては、次の記事を参考にして下さい。
http://d.hatena.ne.jp/pon0927/20110410/1302419310

PCにL-04CをUSB接続して、ダウンロードしておいたGingerBreak-v1.20.apkをmicroSDカードのルートディレクトリに保存します。
次に、アストロなどのファイラーを使って、GingerBreakをインストールし、インストールしたGingerBreakを実行して、root化します。
GingerBreak-v1.20.apkは、例えば、
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1044765
から入手できます。ただし、xdaにメンバー登録しないとファイルをダウンロードできないと思いましたので、メンバー登録しましょう。

が、ここまで書いて、忘れていました。android-sdkをインストールしないと、adbコマンド等を使えないので、カスタムリカバリーをインストールできないですね。
android-sdkのインストールについては、
http://smartgoods.me/2011/01/android_sdk_install/
を参考にして下さい。

他力本願で申し訳ありませんが、それぞれのページを参考にして、必要なソフトをインストールして下さいね。
タグ:root化 L-04C
posted by かずくん at 18:50| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

L-04Cにカスタムリカバリをインストール

yuさんがL-04C向けに作成したCWMのカスタムリカバリーを、L-04Cにインストールしました。おかげさまで、システムのバックアップを取れました。これで、一安心です。(^^;)

インストールに必要なファイルと、インストール手順は、
http://yu-eins.toh.info/archives/2011/08/27/0426
にあります。
ただし、書き換え手順は、次のようにする必要があります。なお、「1:」は行数を表します(入力しません)。
> adb shell
1:$ su
2:# mount -o remount,rw /system /system
3:# cat /sdcard/flash_image > /system/xbin/flash_image
4:# chmod 755 /system/xbin/flash_image
5:# cd /sdcard
6:# flash_image recovery recovery_cwm.img
7:# sync
8:# reboot

2行目のmountコマンドの-tオプションは不要です。
6行目のflash_imageコマンドを使う前に、5行目のように/sdcardに移動する必要があります。
自分の環境では、この手順でうまくいったので、多分、大丈夫だと思います。

書き換え手順を修正して頂いたので、yuさんのページの方法で大丈夫です。

忘れてましたが、この作業の前に、root化しておく必要があります。Gengerbreakを使うのが簡単だと思います。
posted by かずくん at 18:22| Comment(5) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする